雨降りの一日 ~前編~

薄暗い朝。父として、夫としての、朝の家庭業務(送迎とかね)を終え、一旦帰宅し、今度はリュックを背負い孤独に歩いて、自分のお店に向かいます。"あーー、なんか雨降りそう………"案の定、朝の仕込み作業を終え、Openの看板を出そうと扉を開けると、しとしと…と小雨。ご予約もイベントもない、こんな雨降りの日は、店内がいつもに増して静寂に包まれます。冷蔵庫のモーター音、無駄に臨場感のある店内BGM……皮肉にも当店ウリである高...